赤ちゃん連れでナガシマリゾートに泊まるなら、ガーデンホテルオリーブがおすすめ!




先日、生後10ヶ月の娘と夫と私の3人で、ナガシマリゾートにあるガーデンホテルオリーブに宿泊してきました。

乳幼児にとても優しいホテルで、0歳児を連れての旅行にぴったりでしたので、写真付きでご紹介したいと思います。


ナガシマリゾートにある3つのホテルの中で、赤ちゃん連れに一番おすすめ

長島温泉があるナガシマリゾート内には、3つのオフィシャルホテルがあります。

  • ホテル花水木
  • ガーデンホテルオリーブ
  • ホテルナガシマ

簡単に違いを説明すると、

ホテル花水木・・(高級ホテル)

ガーデンホテルオリーブ・・(高級すぎず安すぎない中堅ホテル)

ホテルナガシマ・・(リーズナブルなホテル)

です。

この中で赤ちゃん連れにおすすめなのが、ガーデンホテルオリーブです。

「ホテル花水木」は、平日でも一人4万円ほどする高級ホテルです。

ゆっくりとした贅沢な時間を楽しむような大人向けのホテルなので、正直赤ちゃん連れにはあまりおすすめしません。

また、「ホテルナガシマ」は、リーズナブルで天然温泉「湯あみの島」にも近いので良いのですが、部屋が洋室しかありません。

歩き始める前の赤ちゃんがいると、洋室よりも和室の方が圧倒的に便利なので、洋室しかないのがネックです。

一方、「ガーデンホテルオリーブ」は和室があります。

また、他の二つのホテルにはないキッズサービスも充実しています。

ホテル内にオムツ交換台がある他、哺乳瓶の消毒やベビーチェアの貸し出しをしてくれたり、大浴場でベビーベッドが用意されていたりと、赤ちゃんがいても安心して過ごすことができます。

ということで、0歳児がいる我が家は「ガーデンホテルオリーブ」に宿泊することに決めました。

それでは、宿泊した際の実際の様子についてご紹介していきたいと思います。

ガーデンホテルオリーブの様子

到着〜チェックインまで

ホテルは、ナガシマリゾートの敷地内にあります。

車でホテルの玄関まで行った後、すぐ隣にある宿泊者専用駐車場に車を停めておくことができます。

ガーデンホテルオリーブ内の様子について

ホテルの中に入ると、すぐのところにフロントやロビーがあります。チェックインは14時からなのですが、それより前についても先に受付を済ませることができます。

なお、ナガシマリゾート(長島温泉)内のホテルでは、キッズファミリープランで宿泊すると、下記の特典が全て無料でついてくるサービスがあります。

  • 名古屋アンパンマンこどもミュージアム1回入場券
  • ナガシマスパーランド2日間入場サービス(「ちびっこひろば」一回券付き)
  • 長島温泉「湯あみの島」2日間入場サービス
  • なばなの里2日間入場サービス

これがかなりおトクなんですが、もしチェックインより前に到着した場合も、受付をすることでこのチケットだけを先に受け取ることが可能です。

左上がアンパンマンこどもミュージアムの入場券、左上がナガシマスパーランド・湯あみの島・なばなの里の通行証です。

*アンパンマンこどもミュージアムについては、下記の記事に詳しく書いています。

0歳児でも楽しめた!名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パークのレビュー!

2018.11.29

このうち、なばなの里だけは、ナガシマリゾートの外にあって少し離れています。

ただ、もしホテルへ行く前になばなの里へ寄った場合も、ゲートでホテルに宿泊予定であることを告げれば無料で入場することが可能です。

その他にも、宿泊者特典としてナガシマスパーランドへの10分前アーリーエントリー&パスポートの割引もあるようです。

部屋の様子について

ホテルガーデンオリーブの和室は、一般的な10畳1間の部屋になっています。

特に頼んだわけではなかったのですが、あらかじめオムツ用のゴミ箱を用意してくださっていました。とてもありがたいです。

お部屋も清潔で、とても居心地が良かったです。3人で泊まるのにちょうど良い広さでした。

ちなみに、ガーデンホテルオリーブは、1歳まで宿泊料無料です。

添い寝の場合は完全に無料ですが、もし子供用に布団を借りる場合は別途1,500円がかかります。

また、2歳からは幼児料金として2,700円(通常期間)がかかります。   

大浴場について

ガーデンホテルオリーブで一つ気をつけなければならないのは、部屋にお風呂がないことです。

その代わり、ホテルに宿泊者専用の大浴場「オリーブの湯」があり、赤ちゃんもそこで入浴することができます。

浴衣のサイズも80からあるので、赤ちゃんに着せて可愛い記念写真が撮れます!

「オリーブの湯」には、男性用・女性用どちらのお風呂にも、ベビーベッドと赤ちゃん用お風呂セットが置いてあります。

また、お願いすればベビーバスの使用も可能です。

館内の連絡通路を通って、「湯あみの島」という大きな温泉施設へ入りに行くこともできるのですが、ホテルからは少し遠くて、歩くと5分〜10分程かかります。

「湯あみの島」は日帰り温泉で利用する方もいて夕方などは結構混雑するので、赤ちゃんとお風呂に入る場合は、宿泊者専用の「オリーブの湯」の方がおすすめです。

「湯あみの島」は露天風呂も広いので、夜に一人でゆっくり入りに行った方が良いです。

ちなみに、「湯あみの島」へ行く際に万一通行証を忘れてしまっても、浴衣を着ていれば入場できるので大丈夫ですよ(私のことです)。

レストランについて

レストランは、夕食・朝食ともに同じ場所でバイキングです。

赤ちゃん用のベビーチェアも借りることができますし、自前のベビーカーを持ち込むことも可能です。

 

娘は生後10ヶ月で、まだバイキングのものはあまり食べられないと思って離乳食を持って行ったのですが、意外と食べられるものがありました。  

写真を撮り忘れてしまったのですが、バイキングの一角に幼児用コーナーがあり、そこにはアンパンマンのおにぎりや唐揚げ、ウィンナー、卵焼きなど、小さな子供が大好きなものばかりが並んでいました。

娘がもう少し大きかったら、きっと大喜びしていたと思います。

ガーデンホテルオリーブから他エリアへのアクセスについて

最後に、ホテルから他のエリアへのアクセスについてご紹介します。

遊園地・アンパンマンこどもミュージアムへのアクセス方法

ホテルのすぐ隣がナガシマスパーランド(遊園地・ジャンボ海水プール)なので、ホテルを出てすぐの道を歩いて行けば、数分で宿泊者専用ゲートに到着します。

アンパンマンこどもミュージアムは、さらにナガシマスパーランド内を通って行けば、5〜10分程度で到着します。

ジャズドリーム長島へのアクセス方法

ジャズドリーム長島は、ホテルから少し離れていて、歩くとおそらく20分くらいかかるので、車かシャトルバスがおすすめです。

ホテル宿泊者特典として、ホテル玄関前から出発するホテル専用シャトルバスが出ているので、それに乗って行けば、ジャズドリーム長島のすぐ近くまで連れて行ってくれます。

なばなの里へのアクセス方法

なばなの里はホテルから車で10分程かかるので、こちらも車かシャトルバスを利用します。

なお、イルミネーションシーズンは、ホテルの玄関前からイルミ会場へ一番近い降車場まで無料で連れて行ってくれるイルミネーション送迎バスが毎日2〜3便出ています。

イルミネーションはすごく混雑するので、夜行く方は車よりもシャトルバスの方がおすすめです。当日予約できます。

湯あみの島へのアクセス方法

湯あみの島へは、館内の連絡通路を通って歩いて行くか、シャトルバスで行くことができます。

歩くと5分〜10分程度(早足で5分、のんびりで10分)です。

寒い時期は連絡通路の方が外に出なくて済むのでおすすめです。

 

*赤ちゃん連れにおすすめのルートは、こちらの記事に書いています。

【ナガシマリゾート】赤ちゃん連れでの楽しみ方〜一泊二日のおすすめルートをご紹介〜

2018.12.02

まとめ

以上、ガーデンホテルオリーブについてご紹介しました。

ナガシマリゾートはいつも日帰りで利用していましたが、泊まりで行くのもまた違った良さがありました!

娘もたくさん遊べて大満足の旅行になったので、また泊まりで行きたいなと思っています。

 

ーーーーーーーー

出産したらジーナ式!

ジーナ式育児を全力でオススメしています!!

※寝かしつけ不要で赤ちゃんが夜19時から朝7時まで寝てくれる魔法の育児法です。私はこれで育児が100倍楽になりました!詳しくはジーナ式とは?をご覧ください。







 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA