ジーナ式とは?赤ちゃんが寝かしつけ不要で夜通し眠る魔法のような育児法について




まさよ
こんにちは!ママブロガーのまさよ(@masayo_jina)です。

当ブログにお越しいただき、どうもありがとうございます。

この記事では、「ジーナ式って何?」という方に向けて、ジーナ式についてご紹介しています。

また、私自身がジーナ式を実際にやってみてどうだったかについても書いています。

育児が大変でなんとかしたい!と思っている方は、参考になると思いますので、是非読んでみてくださいね。


ジーナ式は、育児を今の100倍楽にする方法です!

「毎晩寝かしつけに2時間かかってヘトヘト・・」

「何しても泣きやんでくれない・・」

「一日中抱っこしっぱなしでもう腕がバキバキ・・」

 

子育てあるあるですよね。私もそうでした。

 

でも、それ、当たり前ではないんです。解決する方法があります。

 

もし、あなたの赤ちゃんが、

  • 昼寝は1日3時間
  • 日中はほとんど泣かずご機嫌
  • 夜7時〜朝7時までぐっすり寝てくれる
  • 夜泣きしない
  • 寝かしつけ不要

だったら、夢のようではないですか?

実はこんな夢のようなこと、本当にあるんです。

 

それが「ジーナ式」です。

私がジーナ式に出会うまで・・

初めての出産を終えた後、その感動の余韻に浸る間もなく、娘のお世話が始まりました(正確にいうと、実際は出産がすざまじすぎて感動している余裕なんてありませんでしたが。)。

といっても、初めてのことだらけで訳がわかりません。

生まれたての赤ちゃんを目の前に、

 

えっ・・どうしたらいいの!?

 

と、軽いパニックになりました。

 

なんというか、何をどうしたら良いのか、何がわからないのかわからない、という状態。

一応、入院しているので呼べば助産師さんが来てくれるものの、そもそも何がわからないのかわからないのだから、もうとにかくよくわからないのです。

 

もちろん、妊娠中に母親教室に参加したりして、オムツ替えの仕方やお風呂の入れ方などについては事前に学んでいました。

でも、それで満足してしまい、出産後の育児についてほとんど調べていなかった私・・

 

実際に赤ちゃんを目の前に、いつ何をすれば良いのかが全くわからなかったのです。

 

泣いたらどうしたらいいの!?

母乳はどれだけ吸わせればいいの!?

寝なくてもほかっておいていいの!?

抱っこしたほうがいいの!?

ミルクは何mlあげるの!?・・・

 

授乳の仕方すらわからず、赤ちゃんがペロペロなめていれば良いと勘違いしていた程、当時は子育ての仕方について本当に何もわかっていませんでした。

 

さらに、産後は頭が働かない(これも知らなかった)ため、助産師さんが色々教えてくれても全然頭に入ってきません。

言葉は理解できるものの、内容として入ってこないのです。

出産された方なら共感してくれる方もいるかと思いますが、ぼーっとしてしまって、とにかく頭が全く回らない状態。

 

そのため、

 

わからないどうしようどうしようどうしよう!!!

 

という焦りや不安な気持ちだけが先走り、さらに睡眠不足が追い討ちをかけ、体も心もズタボロ状態に・・・

結果、いわゆるマタニティブルーズになってしまいました。

 

退院後も、相変わらず訳のわからないまま毎日手探りの状態で泣きながら子育てに奮闘する日々。

少しでも時間があれば、スマホ片手にわからないことをネットで調べまくっていました。

そして夜になると、泣いて全然寝てくれない我が子を何とかおなかの上で寝かせ、そのまま寝るしかないという悲惨な状況・・

 

そんな中、行き着いた先が「ジーナ式」でした。

ジーナ式を知ってから

「ジーナ式」を知り、実践してみた結果、生活は劇的に変化しました。

 

抱っこで寝かしつけをする必要がなくなり、時間になったらベビーベッドに置くだけで一人でスヤスヤ寝てくれます。

睡眠不足からも解消されました。

どうして泣くのかわかるようになりました。

 

そして今、娘は基本的にほとんど泣くことがありません。

精神的にも体力的にも本当に楽になり、今は子育てを心から楽しいと思うことができています。

イギリスでは一般的な育児法

「ジーナ式」とは、カリスマ・ナニー(*)であるイギリス人のジーナ・フォードによって確立された育児法です。

その育児法を記した著書は90万部を超えるベストセラーとなっており、本場イギリスではとても有名なメソッドとして広く知られています。

また、現在ではイギリスだけでなく世界各国で翻訳され、お母さんたちの必携バイブルとして崇められています。

(*)ナニーというのは、子育てを専門に仕事をする人のこと。日本ではあまり馴染みがありませんが、イギリスでは一般的な職業となっていて、ベビーシッターのように一時的に赤ちゃんのお世話をするだけでなく、しつけや勉強などの教育にも関わります。

 

そして気になるその具体的な内容ですが、一言でいうと

「1日を決められたスケジュールに沿って過ごす」

ということです。

 

つまり、生活習慣を整えるということなんです。

基本的には、決まった時間に授乳し、決まった時間にお昼寝し、決まった時間に遊ばせます。

 

それだけ聞くと、なんだかスパルタみたいだし、そんなこと赤ちゃんには無理じゃないの?と思うかもしれません。

私も最初はそう思いました。

 

もちろん、世の中には色んな育児法があり、それを否定するつもりはありません。

特にこの「ジーナ式」は今の日本では一般的ではないため、躊躇してしまう気持ちもわかります。

○○式ってなんだか宗教みたいで胡散臭いですし。

 

でも、ここまで読んでくださっている方は、きっと今、育児で大変な思いをされていると思うんです。

育児がストレスになってしまっていて、心に余裕が無くなってしまっている方も多いと思います。

そんな方には、是非一度チャレンジしてみて欲しいです。

ジーナ式で育児を楽に!

確かに、最初は赤ちゃんも慣れなくて少し大変かもしれませんが、「ジーナ式」を実践すれば、必ず育児が楽になります。

どっちみち今大変なのであれば、それをずーっと続けるより、少しの間、頑張ってみませんか?

そうすれば、育児が今よりもはるかに楽になります。

 

私は、以前の私と同じように、育児で大変な思いをしている誰かにも「ジーナ式」を知ってほしくて、このブログを立ち上げました。

先ほども言ったように、この育児法は日本ではまだまだ浸透していません。

そのため、確かに実践するのには少し敷居が高いかもしれません。

きっと周りでやっている人もほとんどいないと思います。

 

でも、騙されたと思って是非やってみてください。

ジーナ式が軌道にのると、きっと今までの苦労が嘘のように育児が楽になると思います。

 

当ブログでは、「ジーナ式」育児について、私の体験も含めて詳しく書いています。

また、この魔法のような育児法をもっともっと日本に広めるべく、そのキッカケとなるように様々な情報発信をおこなっています。

 

このブログが「ジーナ式」を知るきっかけとなり、一人でも多くの方の救いとなれば幸いです。

寝かしつけ不要で夜泣きもほとんどしないジーナ式育児について

2018.06.13

ーーーーーーーー

出産したらジーナ式!

ジーナ式育児を全力でオススメしています!!

ジーナ式の記事はこちら







 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA