寝かしつけ不要で夜泣きもほとんどしないジーナ式育児について




今、育児が大変で悩んでいるみなさんへ。

ジーナ式をやってみませんか?

私は、ジーナ式に出会ってから、子育てが劇的に楽になりました!

 

このブログは、

かつての私のように子育てで悩んでいる方達に、是非ジーナ式を知ってほしい!もっともっと日本にこの育児法が広まってほしい!

という想いで立ち上げています。(この経緯について、詳しくはジーナ式とは?を参照してください。)

 

ジーナ式とは、赤ちゃんにとって一番心地よいスケジュールで過ごすことで、親子ともに毎日ハッピーでいられるという育児法です。

この育児法を実践してから、私の娘は寝かしつけ不要、夜泣きなし、日中はご機嫌でほとんど泣きません。昼寝も2〜3時間、夜は19時から朝7時まで寝てくれています。

そのため、私の育児ストレス&悩みはほぼゼロです。

昔は泣き止まない娘のことを正直可愛くないと思ってしまう時もありましたが、今では滅多に泣かないため、たまに泣くと可愛いとすら思えるくらいまでになっています。

ジーナ式のおかげで、本当に幸せな毎日です。

 

今、昔の私のように育児が大変で悩んでいる方は、是非、騙されたと思ってジーナ式を試して欲しいです。きっと楽になります。

 

ジーナ式は、カリスマ・ナニーが教える赤ちゃんとおかあさんの快眠講座という本に書かれたスケジュールに沿っておこないます。

この本、1500円しないのに、これで育児が劇的に楽になるので超超超オススメです。

私は本気で10万円くらい払ってもいいと思っている・・・それぐらいの価値あります。

 

では、実際ジーナ式をやるとどうなるのか、詳しくご紹介していきたいと思います。

寝かしつけが不要になる

いきなりですが、これはまさにジーナ式の真髄と言っても過言ではありません。

ジーナ式をすると、赤ちゃんが自力で寝られるようになります。

自力で寝られるというのは、ベッドにコロンと置くだけで、あとは一人で勝手に寝てくれるということです。

つまり、寝かしつけがいらないんです。

 

毎晩寝かしつけがあるのとないのでは、ストレス度が全然違いますよね。

赤ちゃんが毎回勝手に寝てくれたらすごく楽ですよね。

ジーナ式は、それが実現できます。

 

授乳すると寝るからって、飲みながら寝かせていませんか?

抱っこで寝かせて、背中スイッチ押さないようにそーっと床に赤ちゃんを置いていませんか?

 

ダメ、絶対。

 

これ、ほとんどの日本のお母さんがやっている定番の寝かしつけ方法ではないでしょうか。

ベビーマッサージとかママ向けの教室行ったりすると、本当にみんなやってますよね。

かく言う私も、ジーナ式を始める前はやってました。というか、それが当たり前だと思っていました。

 

でも、これはあとあと大変になるので絶対にオススメしませんし、ジーナ式でもご法度なんです。

なぜご法度かというと、赤ちゃんがそれを覚えて習慣化してしまうからです。

 

例えば、毎日抱っこで寝かしつけらていれると、赤ちゃんは

 

そっか、寝るときは抱っこしてもらうものなんだ〜!

 

と認識し、抱っこがないと寝られないようになります。

 

よく、うちの子抱っこじゃないと寝なくて大変なんです〜・・っていう方いらっしゃいますが、それは、もともと赤ちゃんが抱っこじゃないと寝られない子だった訳ではなくて、知らないうちに抱っこじゃないと寝ない子にさせてしまっている可能性があるんです。

 

ジーナ式では、このような間違った寝かしつけをやめて、一人寝できるようにしていくので、親のストレスや負担が激減します。


赤ちゃんがほとんど泣かなくなる

ジーナ式は、基本的なスケジュールが決まっています。

そしてこのスケジュールは、本の筆者であるジーナさんが何百人と赤ちゃんのお世話をしてきた中で編み出された、赤ちゃんにとってベストなものになっています。

赤ちゃんの自然な体内リズムをもとにして組み立てられているので、ちょうど赤ちゃんが眠たくなる頃にお昼寝の時間、お腹が空く頃に授乳の時間、といったスケジュールに設定されています。

ジーナ式で生活リズムを整えていくと、赤ちゃんの欲求を先回りして満たしてあげることができるので、無駄に泣くことがなくなります。

本を読むと、泣くのは大体一日5〜10分程度でしょうと書いてありますが、本当にその通りで、我が子も基本的には泣きません。今日は1日も泣かなかったな、という日も珍しくないです。

夜泣きしない

ジーナ式をしていると、基本的に夜泣きしません。

なんてったって本の題名が快眠講座ですからね。

夜泣きは原因不明と言われているようですが、ジーナ式で夜泣きがないことから考えると、おそらく生活リズムがきちんと整っていることと、一人で寝られることが夜泣きしない原因なんじゃないかな、と思います。

この2点について少し説明します。

生活リズムが整っている

ジーナ式スケジュールに沿って規則正しい生活をしていると、疲れすぎたり睡眠不足になってしまうことがないので、夜泣きに繋がりにくのではないかと思います。

一人で寝られる

赤ちゃんが夜中に眠りが浅くなって起きた際、授乳や抱っこ、おしゃぶりで寝かしつけをしてしまっている場合について、本に以下の記述があります。

赤ちゃんがもう一度自分で眠りにつけない場合にいつも前述の方法で赤ちゃんを寝かしつけていると、この先何ヶ月にも及ぶ大問題に発展してしまう可能性があります。

引用元:カリスマ・ナニーが教える赤ちゃんとおかあさんの快眠講座

この大問題というのが、おそらく日本でいう夜泣きのことじゃないのかな?と思います。

つまり、寝る時に間違った寝かしつけをしていると、夜泣きに繋がる可能性があるということですよね。

 

ジーナ式をしている赤ちゃんは一人で寝られるため、睡眠が浅くなった時も、泣いて母乳や抱っこを要求することなく自力で再入眠することができます。

その結果夜泣きしないということが言えるかと思います。

おわりに

以上、ジーナ式を始めるときっとあなたに訪れる素晴らしいことを紹介しました。

嘘のような本当の話なので、是非やってみてくださいね。

ーーーーーーーー

出産したらジーナ式!

ジーナ式育児を全力でオススメしています!!

※寝かしつけ不要で赤ちゃんが夜19時から朝7時まで寝てくれる魔法の育児法です。私はこれで育児が100倍楽になりました!詳しくはジーナ式とは?をご覧ください。







 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA