赤ちゃんとの初めての旅行!持ち物は?必需品&便利グッズについて紹介します




赤ちゃんとの初めての旅行って、何をどれくらい持っていけば良いのか、心配になりますよね。

今回は、私が生後6ヶ月の娘と温泉旅行に行った時に持っていった物をご紹介したいと思います。


私が赤ちゃんと初めて旅行をした時の状況

まずは、私が娘と初めて旅行をしたときの状況について説明します。

  • 夫と娘(生後6ヶ月)と親子3人で一泊旅行
  • 時期は7月上旬
  • 車で移動
  • 場所は車で1時間半の温泉地
  • 宿泊先は赤ちゃん歓迎の宿を選択
  • 離乳食初期(1回食)
  • 完全ミルク育児

ホテルは、ホテルウェルシーズン浜名湖というところに宿泊しました。

【ジーナ式】生後6ヶ月で初旅行〜舘山寺温泉・ウェルシーズン浜名湖〜

2018.07.13

上記記事にも少し書いたのですが、ここは赤ちゃん歓迎の宿になっていて、赤ちゃん連れでも安心して宿泊することができます。

・部屋ではベビーベッドの貸し出し可能

・食事会場ではクーファン・離乳食メニューの用意

・大浴場ではベビーベッド・ベビーバス・ベビーソープ完備

・赤ちゃんが遊べるプレイルームあり

などなど。

初めての旅行の際は、このような赤ちゃん歓迎の宿や赤ちゃんプランがある宿を選ぶと良いと思います。

赤ちゃんとの旅行の持ち物について

それでは、この旅行の時の持ち物リストをご紹介します。

  • 母子手帳・保険証
  • おむつセット

 ・おむつ(30枚くらい)

 ・おしりふき(1パック)

 ・使用済みおむつ用ビニール袋(SSサイズを10枚くらい)

  • ミルクセット

 ・キューブ型ミルク(1本200mlを10本くらい)

 ・哺乳瓶(3本)

 ・お湯(水筒)

 ・湯冷まし(プラスチックボトル)&ペットボトル(310ml)3本

 ・ガーゼ(5枚くらい)

 ・洗浄グッズ(洗剤&スポンジ)

 ・消毒グッズ(ジップロック&錠剤ミルトン)

  • 着替えセット(肌着&ロンパースを2セット)
  • スリーパー
  • エイデンアンドアネイのおくるみ
  • 帽子
  • 上着
  • 赤ちゃん用爪切りばさみ

↓ 全部並べるとこんな感じです。

実際に持っていってどうだったか?

おむつセットについて

おむつは30枚もいりませんが、車だったのと詰め替えが面倒だったので、使いかけのものを袋ごと持って行きました。

実際は15枚くらいあれば良いと思います(赤ちゃんにもよりますが、私は10枚だとちょっと心配です。)。

おしりふきは、普段使っているおむつポーチに入っているものをそのまま持っていっただけです。お手拭きなどにも使えて旅行中は何かと重宝するので、大きめのサイズを1パック持っていっても良いと思います。

使用済みおむつを入れるビニール袋は、こちらのものを持参しました。

使用済みのおむつをこれに入れて口を縛っておくだけで本当に臭いません!

SSサイズだとちょうど使用済みのおむつが1枚入るので、普段から愛用しています。

ゴミ袋なのにカラーのラインナップが全8種類もあり、好きな色が選べるところもテンションが上がって良いです。

おしりふき同様、ビニール袋は旅行中何かと必要になるので、多めに持っていくと良いと思います。

ミルクセットについて

普段、外出時のミルクは明治のほほえみらくらくキューブを使っているので、今回もこちらを持って行きました。

created by Rinker
明治ほほえみ
¥1,728 (2020/07/01 05:01:36時点 Amazon調べ-詳細)

外出や深夜の時には、このキューブ型ミルクがダントツで便利です。

外出時・深夜時にキューブ型ミルクがオススメな理由について詳しくみる

補足
2019年3月、液体ミルクが発売されたので、今は液体ミルクの方がおすすめです!

これで旅行もすごく便利になりましたね〜!ありがたいことです。

宿泊先に着くまでの授乳回数は2回の予定だったので、哺乳瓶は2本あれば良いと思いましたが、念のため3本持って行きました。

お湯&湯冷ましはいつも通りのお出かけセットです。

ただ、今回は旅行のため、湯冷ましの予備としてミネラルウォーターも持って行きました。

created by Rinker
キリンビバレッジ
¥1,955 (2020/07/01 08:07:42時点 Amazon調べ-詳細)

キリンのやわらか天然水はミネラル分の少ない軟水なので、ミルクの湯冷ましとして使えます。

持ち運びにもちょうど良いサイズで、何よりデザインが可愛いので気に入っています。

大人が飲んでも普通に美味しいです。

 

洗浄グッズ・消毒グッズについて

洗浄グッズは、哺乳瓶を洗うための洗剤&スポンジです。

これが大失敗で、いつも使っている哺乳瓶用の柄のついたブラシを持っていくのが面倒で小さなスポンジを持っていったところ、手が届かなくてうまく洗えませんでした。

洗剤も小さい容器に詰め替えていったんですが、全然足りなくて最後の方はほとんど洗剤なしで洗っているような状態に。

*この旅行の後、神アイテムを発見しました。

洗剤が泡で出るキュキュットクリア泡スプレーです。

created by Rinker
キュキュット
¥379 (2020/07/01 08:07:43時点 Amazon調べ-詳細)

スプレーするだけで泡が出るので、スポンジやブラシがいりません!

本体が大きいので少し重たいことがネックですが、めんどくさい容器の詰め替えや濡れたブラシの処理も必要ありません。

2回目の旅行の時に持っていって大活躍しました。

赤ちゃん用洗剤が良い人には向きませんが、離乳食用の食器なども洗えるので便利です。

 

続いて消毒セットは、哺乳瓶を消毒するための容器&消毒液です。

普段は専用のケースと液体の消毒液を使っているのですが、旅行で持っていくのは両方とも大変です。

そこで、荷物にならないように錠剤のミルトンとジップロックを持参しました。

created by Rinker
ミルトン
¥2,100 (2020/07/01 08:07:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ジップロック
¥1,069 (2020/07/01 08:07:45時点 Amazon調べ-詳細)

錠剤であれば全くかさばりません。1錠あれば2Lの消毒液が作れます。

容器も、プラスチックケースはかさばるのでジップロックで代用しました。

洗面所でジップロックに水とミルトンを入れるだけで、簡単に消毒液ができます。

ただし、自立せず水がこぼれやすいので、ジップロックは簡単に口が閉じられるイージージッパーがオススメです。

また、ミルトンは手で切って開封することができないので、あらかじめ切れ目を入れておくか、赤ちゃん用の爪切りばさみを持っていった方が良いです。

着替えセットについて

着替えをどのくらい持っていったら良いかは結構迷ったのですが、予備一式(肌着&ロンパース)を入れて2セットにしました。

今回の旅行では予備を使うことはなかったのですが、この後の2回目の旅行では、娘が咳上げでミルクを2回盛大に吐き、2日連続で同じ服を着せるハメに。

大した荷物にならないので、もう1セット(3セット)あると安心だと思います。

離乳食について

離乳食はまだ1回食を始めて2週間ほどだったので、旅行中は無しで良いかなと思い、特に用意は持って行きませんでした。

ただ、私たちがご飯を食べていると食べたそうにしていたので、瓶詰めのベビーフードなどを少し持って来ればよかったなと思いました。

ちなみに、夕ご飯のバイキングでは離乳食メニューあったのですが、まだ食べたことのない食材が入っていたので、念のためやめておきました。

その他の持ち物について

普段から使っているエイデンアンドアネイのおくるみを持っていったのですが、色々な用途に使えて大活躍しました。

・車中・ベビーカーでのサンシェード(日よけ)

・オムツ替えシート

・ブランケット

・肌寒い時のはおりもの

もうおくるみとしては使っていませんが、いつも外出時に一枚あると便利なので、今回の旅行にも持って行きました。

母乳育児の場合は授乳ケープとしても使えますし、軽くてかさばらないので、旅行中にあると重宝します。

created by Rinker
aden + anais (エイデンアンドアネイ)
¥6,490 (2020/07/01 00:26:12時点 Amazon調べ-詳細)

旅行の持ち物は普段のお出かけグッズにプラスすれば良い!

 以上、私が赤ちゃんと初めて旅行をした時の持ち物についてご紹介しました。

色々準備するのは大変そうにも思えますが、実は普段のお出かけグッズをベースに必要なものをプラスすれば良いので、意外と時間はかからないです。

逆に大人のものの方がかかるくらい。

旅行をすると育児の息抜きになってリフレッシュできますので、是非お出かけしてみてくださいね。

ーーーーーーーー

出産したらジーナ式!

ジーナ式育児を全力でオススメしています!!

※寝かしつけ不要で赤ちゃんが夜19時から朝7時まで寝てくれる魔法の育児法です。私はこれで育児が100倍楽になりました!詳しくはジーナ式とは?をご覧ください。







 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA